ホライゾンゼロ・ドーン 続編に出る?? サイレンスとヘレス将軍の関係が怪しすぎる件【ネタバレ注意】

さらっとプレイしていた場合やスキップを多用した場合は結構見落としやすいんですが、

サイレンス

ヘレス将軍

顔おんなじなんですけどw

もしホライゾンゼロ・ドーンに続編があるのであれば、間違いなくこの2名が関わってきそうですよね。

ヘレス将軍はゼロ・ドーン計画のプログラマーではなく、軍の人間ですが一応ストーリー上では比較的ゼロ・ドーン計画に賛同している側の人間だったと思うんですけど、ホログラフィーの中ではそうでも、実際には軍部と計画側って揉めてたりするじゃないですか?w

そういう意味も込めて、この怪しい2人をちょっと考えてみようと思います。

実はサイレンスはヘレス将軍の”種”??

とりあえず顔が同じ過ぎなので、推測&妄想ですけど、ゼロ・ドーン計画で残された遺伝子に実はヘレス将軍もあって、そこから生まれたのがサイレンスだという可能性はないかなと。

サイレンス自身はストーリーで人から生まれたという事を語っていますけど、そもそもサイレンスの謎って解明されてませんし、過去にどうしてハデスに接触したのかとか、その過程なんかも全く描かれてませんよね。

まさに謎の人物であり、物語上では重要なのに分からないことが多い1人です。

しかも、サイレンスはエンディングでハデスを連れて例の巨大な機械のところで”何か”を始めようとしてます。

ホライゾンゼロ・ドーンのストーリーが終わってないのは明白ですし、続編があるのであれば、サイレンスはおそらく黒幕というか、ラスボスっぽい立ち位置でしょう。

ヘレス将軍はゼロ・ドーン計画の真相に気付いた描写もありましたが、実はこの滅びの運命を受け入れられずに種を残しておいたとか、可能性0ではないんですよね。。

善悪のない知識の欲求

サイレンスはそもそも知識を欲していました。

それが原因でハデスに近づいてますし、自分の身体では出来ない事をアーロイにやらせることによって過去に何があったのかを突き止めています。

また、マスターオーバーライドを利用すればハデスを止められると教えたのもサイレンス。

武器の名前も『サイレンスの槍』

でもこの根拠の出処って結局はサイレンスからだけであって

しかも最後のトドメっぽいシーンからしばらくしたらサイレンスがハデス回収してますからねw

ハデスがサイレンスに知識をあたえた時にサイレンスは相当な量、それこそアーロイの時代では明らかに時代錯誤な知識を得ていますからそれで満足してもおかしくはないと思うんですけど、、、

もし続編が出たら、、、というか、この流れで続編が無かったら結構な消化不良を感じてしまいますよね(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です