鉄拳7 ネット対戦のマッチング不具合は回線問題?それとも拒否?解決方法などまとめ

家庭用対戦格闘ゲームの人気シリーズ『鉄拳7』において発売直後からネット対戦のマッチングがうまくいかずイライラしている人が非常に多いようですね。

で、これはもう格闘ゲームあるあるネタにはなりますが、いわゆる”対戦拒否”をしてくる層と単純に回線が弱い層に分かれているのが真実だと思います。

管理人は格闘ゲームはほとんどやらないのですが、先日丁度友人宅にて何度かプレイしてきたので、このマッチング不具合に関する問題に関して少し取り上げます。

ロードの問題も含めて調整か?

まず、先に言っておきたいのですが格闘ゲームのオンラインはライトユーザーが思っているよりも数段ギスギスした世界ですww

例えばですが、ジャンルは違いますが人気FPSのCODシリーズでも過去多く見られた

  • 戦績を気にして切断する(これはもう携帯アプリとかでもある)
  • 相手が強いとボコられるので拒否
  • 練習したいけど相手が強キャラだから拒否

こんな事は日常茶飯事。。

実際に友人がプレイしている間は僕は携帯アプリでピコピコ遊んでたんですけど

買って間もない鉄拳7に平八並の頭突きをしそうだったくらいマッチング状況は良くありませんでした。

別に友人はそんなコアなプレイヤーではないんですけどね(´・ω・`)

では他の可能性として考えられるのは?

やはり回線問題です。

友人は一応光なんですけど無線でプレイしてました。

(そういうのに疎いくらいのレベルだとご理解下さい)

で、無線ではラグも多いし、そもそもマッチングが上手くいかない筈だよと指摘。

近くの某大手家電量販店にて有線の装備を整えに。

帰宅して有線に変えると、

  • 無線の時よりは多少マシ
  • それでもロード時間はかかる(回線というよりはゲームの仕様)
  • ラグはかなり減少された

三行でまとめるとこんな感じの変化です。

ランクマは特に拒否が多い模様

友人の場合は回線が悪いことが逆の意味で幸いしてランクマ自体は繋がらないもののあまり負けてないという戦績だったのでランクマッチに入ろうとした場合にはかなりの確率で拒否というかマッチングキャンセルをされている印象でした。

強キャラはさらに拒否される?

管理人世代の鉄拳はぶっちゃけ初代からプレイしている事がほとんどです。

友人の場合は初代から7まで一応全て遊んできてますし、管理人は2でドハマリしてかなり遊んだものの初代プレステにはネット対戦などなかったので友人と遊ぶだけ。

その後、管理人はRPGやアクションゲーに走っているので間の出来事は分かりませんが、今作の鉄拳7では当時良く遊んでいたシャオユウやブライアンなんかが強キャラ認定されているんですよね(´・ω・`)

友人はシャオユウをひたすら使っていたので、露骨にマッチングしないというかキャンセルされている感覚を受けました。

管理人はポールばっかりですw

ポールでも結構拒否されてたっぽいので

強キャラ使用時は拒否率が上がる

ということも念頭においてプレイしたほうが精神衛生上よろしいかも知れません。

マッチング問題を解決する方法

 

現在、お馴染みの原田Pからツイッターでは戦績問題などを改善する旨の報告がされていますが、少しでも対戦をしたい場合は以下の方法が有効なようですね。

マッチング手順

オンラインでマッチングを開始したら対戦相手が表示されるが、そこで選択をせずに1分ほど放置して『対戦者現る』の文字を待つ方法。

具体的にはリスト化された相手を自分から指名するのではなく、マッチングだけ開始しておいて放置するという方法になります。

これでもマッチング出来ない場合はWARM-UPのほうが良いらしいですが、いずれにせよTweet内容を確認する限りは今後早急な対応をしてくれると思いますね。

最近の格ゲーはオンライン対戦出来ないなんてのは産廃でしかないですからね。ええ(´・ω・`)

PS4になって時代は進化しましたが、その分PS+にお金を払い、オンライン対戦が繋がらねーーーーではそりゃプチ炎上しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です