PS4に最適なヘッドセットの選び方と使用するメリット・デメリット

画像元:Amazon.co.jp

PS4をプレイする上でモニターの次にこだわりたいのが最適な『ヘッドホン』です。

モニターの選び方などは以下の記事を参照して下さい。

PS4におすすめ最適!テレビ・モニターの選び方やチェックするべきポイントは?

ゲームプレイの没入感や臨場感はもちろんですが、ブルーレイDVDや動画視聴などにおいて専用のヘッドホンがあるのと無いのとでは雲泥の差があります。

PS4には初期セットにイヤホンマイクが同梱されているので、通常のパーティーチャットプレイだけであればこれでも充分に遊べますが、FPSゲームや映画鑑賞などには専用のゲーミングヘッドホンがおすすめです。

ここでは通常のPS4プレイよりも1段階、もしくは2段階以上ゲームが楽しくなるヘッドホンの選び方について紹介していきます。

ゲーム専用のヘッドホンを買うメリット

画像元:楽天市場

よくYOUTUBEなどの実況プレイではヘッドセットを利用している方が多いですが、これにはきちんとした理由とメリットがあります。

特によく使われれるのはFPSゲームですが、これは専用のヘッドホンを利用することでゲームスコア自体にも影響が出るほどの機能があるからに他なりません。

それではゲーム用のヘッドホンに搭載された様々な機能について簡単にご紹介していきます。

サラウンド機能

よく『5.1ch』や『7.1ch』と明記されることがあるのですが、ゲーミングヘッドホンにはこのサラウンド機能を再現出来る機能が搭載されていることがほとんどです。

通常のスピーカーを使用すると

5.1chであればウーファー1個と5個のスピーカー

7.1chであればウーファー1個と7個のスピーカー

という配置になります。

これらのスピーカー機能は設置場所によって臨場感を出すためのものですが、近年のゲーミングヘッドホンはこの配置を擬似的に再現出来ます。

例えばFPSゲームで後ろから敵プレイヤーが近づいている時には後ろから足音が聞こえたり、スナイパーライフルなどの音の位置までも再現されます。FPSゲームでは敵の位置が命取りになるので、よくFPSゲームをする人はヘッドセットを使うと戦績自体が上がることが多いです。

これは他のゲームでもサラウンド機能に対応しているゲームであれば同様の効果を得られるもので、通常のテレビから出力された音声よりも数段リアルな体験をすることが可能です。

ノイズキャンセリング機能

ヘッドセットはサラウンド機能だけではなくノイズキャンセリングという雑音を拾わない機能が搭載されているものも多いです。

通常のイヤホンマイクではイヤーカフがあっても周囲の音を拾ってしまいますが、

ノイズキャンセリング機能があるヘッドセットはゲームから流れてくる音だけをしっかりとプレイヤーに伝えてくれます。

雑音がカットされることでゲームに集中出来ますし、これはマイクにも影響してくることもあります。

ノイズキャンセリングマイクはイヤホン側だけではなくマイクも雑音を拾わない為、パーティーチャットなどの音がよりクリアに相手に伝わります。

ノイズキャンセリングの効果は非常に高く、スマホなどのイヤホンマイクでもノイズキャンセリング機能を使用するとパチンコ屋の雑音ですらほとんどカット出来てしまうくらい強力なカット率です。

ただし、来訪の予定があったり、家族からの声も聞こえなくなるので、使用する場合はゲームだけに集中出来る時にしておきましょう^^;

ゲーム専用のヘッドホンのデメリット

次はヘッドセット使用におけるデメリットについても紹介しておきます。

ケーブルが増える

ヘッドセットを使用する場合はBluetooth接続はおすすめしません。

その理由は

  1. 電波干渉による雑音の発生(メリットが消える)
  2. 音声の遅延(いわゆる音ズレ)

主にこの2つの現象が起こる可能性があるからです。

特に室内では携帯電波やWi-Fiの電波が飛び交っている為に、せっかくのヘッドセットのメリットを消してしまう可能性があります。

こうなると接続方法はUSB、もしくはコントローラーにある3.5mmのミニジャックとなります。ケーブルが増えればやはり少し鬱陶しいと感じる人も多いです。

重さの問題

ヘッドセットはそれなりに重さがあるので長時間集中してプレイしていると若干気になることもあります。

2時間程度(映画1本くらい)であればほとんど気になりませんが、長時間の使用になると首などが疲れてきてしまいます。

ヘッドセットを選ぶのであれば、重量も加味して選んだ方が無難です。

ヘッドセットの選び方まとめ

では以上のメリット・デメリットを参照してヘッドセットの選び方のポイントをまとめておきます。

  1. サラウンド機能が付いている商品を選ぶ
  2. ノイズキャンセリング機能があるものを選ぶ
  3. 重さにも注意する
  4. 接続方法はUSBか3.5mmミニジャックにする

この4つのポイントを押さえて選べば、きっと満足のいくヘッドセットが見つかります。

おすすめのゲーミングヘッドセット厳選

最後に実際に上記4ポイントを踏まえて、おすすめのヘッドセットを紹介しておきます。

SONY ワイヤレスサラウンドヘッドセット

ソニー製のPS4純正のヘッドセットです。ワイヤレス機能を全面に押していますが、USBでの接続が可能です。

純正品だけあって7.1ch対応&ノイズキャンセリング搭載と仕様についても問題なく遊べます。

ヘッドセットはハードとの相性もありますが、

この商品はPS4用に開発されたものなのでそういった心配も一切ありません。

価格は1万円ほどです。

NEW:SOULBEAT 903最新モデル

低価格で高パフォーマンスを発揮するSOULBEATのゲーミングヘッドセットシリーズに

最新モデルの903が2017年冬に発売されました。

管理人も即買い(売り切れるので)

詳しいレビューは以下の記事にまとめています。

5000円以下で買えるゲームヘッドセット【ソウルビート】新機種レビュー【903】

SOLBEAT ゲーミングヘッドホン 901シリーズ

SOULBEAT製のゲーミングヘッドセットで一番人気の901シリーズです。

マイクの可動域や軽さ、価格も純正品の半額程度ということもあり非常に評価の高い製品です。

1つだけ残念なポイントはサラウンド機能は未搭載なので臨場感を求めるゲーマーにはあまり向いていません。

ノイズキャンセリング機能はついているので、音質は非常にクリアかつゲームサウンドとしては充分な性能とコスパだと言えます。

Razer Kraken ゲーミングヘッドセット

海外のプロゲーマー達がよく愛用しているゲーミングヘッドセットの代表的な存在がRAZERブランドのこちら。

7.1ch対応はもちろん、カスタマイズも豊富でサラウンドの微調整なども可能になっています。接続方法もUSBなので特に難しくありません。

ノイズキャンセリングよりは性能が劣りますが、全指向性のデジタル高機能マイクでノイズもほぼ発生しません。

eSPORTSに参加するようなコアゲーマーも多く愛用している人気のヘッドセットです。

マルチライティングのUSBバージョンは少し高価ですが、通常タイプであればソニーのワイヤレスと同じくらいの価格で買えてしまいます。

その他のコアゲーマ向けヘッドセット

Logicool ロジクール G933

Logicool ロジクール G933 SNOW RGB サラウンド ゲーミング ヘッドセット ワイヤレス Dolby / DTS搭載 7.1 PC PS4 Xbox One など対応

PCパーツや周辺機器で人気のロジクール製のゲーミングヘッドセット

3.5mmミニジャック、USBの両方を備えており、さらにサラウンド機能とノイズキャンセリングを標準搭載しています。細かいカスタマイズが出来る上にフル充電で約12時間もの間起動するという耐久性もポイントです。

イヤーカフがメッシュ素材なので清潔感もあります。

Astro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro

Astro Gaming A40 TR MIXAMP Pro TR アストロゲーミング 有線サラウンドサウンド ゲーミング・ヘッドセット PC/PS4/PS3対応 [並行輸入品]


これまでに紹介してきたゲーミングヘッドセットの中で一番の高価格であり、一番の性能を誇るAstro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro。

基本的にはプロゲーマー仕様ですが、もちろん家庭での利用も可能。

このヘッドセットは正直PS4専用にするのは勿体無いくらいの性能です。

専用のエンコーダーが同梱されており、光接続も可能になっています。

音質はもちろん最上級の7.1ch。

比類するアイテムがほぼないといえるほどのゲーミングヘッドセットです。

まとめ

今回はプレイ環境の1つとしてゲーミングヘッドセットを特集してみました。

ヘッドセットはゲームはもちろんですが、映画の鑑賞や動画再生などでも活躍するアイテムです。特に大画面でプレイしているPS4ユーザーであれば1度使うと手放せなくなるほどのマスト・アイテムだと言えます。

あとは時間帯を選ばずに好きな時間に好きな音量で楽しめるというのもヘッドセットの魅力的なポイントですね。

自分に合ったヘッドセット選びをしてPS4プレイをもっと楽しいものにしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です