【PS4】プレステ4が壊れる原因やすぐ熱くなる理由を考える

どうも!過去に5回ほどPS4を昇天させている管理人ですorz

今回はPS4が故障する原因やすぐに熱くなってしまう理由を今までの経験から考えていきたいと思います。

※あくまでも個人的な体験談です※

ちなみに、一般的にプレステ4の故障率は1%程度と言われており、これまでに5回ほど壊した僕はほぼ間違いなく使い方に問題があったのではないかと思っていますw

プレステ4が壊れる原因とは?

PS4が壊れる原因として個人的に考えられる原因は大きく分けて2つ。

使用方法と設置場所

この2つに問題があると考えられます。

もちろん、使用方法に問題があるといっても投げたり踏んだりという物理攻撃をするわけではありませんよw ただ、これまでの経験から『これやってると結構壊れるのよね』という傾向は掴めてきていると思うので故障率がアップする非推奨な使い方と置き場所などを解説していきます。

使用方法1.スリープ機能をOFF

PS4は長時間の放置対策として初期設定の段階で【3時間放置でスリープ状態】になる設定がデフォルトになっています。

僕の場合少し外出するくらいであればゲーム画面はPAUSEにして出かけることhが多いので、スリープになっているのが鬱陶しくて大体初期設定後にアップデートをしたら真っ先にこのスリープ機能をOFFにするのが癖になっていました。

つまり、1日24時間、1年で365日フル稼働させていたわけです。

もちろん、ほとんど1年も立たない間に壊れてるのでこれだけが原因ではないと思いますが、本体を常に起動させたままにしておくのは故障率が上がる原因の1つではないかと考えられます。

使用方法2.電源の取り方

僕の場合、テレビ周辺とモニター周辺にはPS4やらデスクトップPCやらノートPCやらと沢山の配線が混み合っていてとてもじゃないですが、壁から直接電源を取り込むことが出来ません。

結果的に複数電源が取れる電源タップを利用するのですが、重要なのは電源タップの使用ワット数です。

電源タップは一見すると差し込み口が沢山あって何を刺しても問題ないように見えますが、実は上限が決まっています

(電源タップの製品と各家庭の電源元によって数値は異なります)

この使用上限をこえる電源タップからPS4の電源を取っていると

電源タップが壊れる=PS4がきちんと電源を切られない=故障

という流れになることもあります。

というか、ありました。

使用方法3.USB挿しっぱなし事件

PS4コントローラーは通常USBケーブルで充電しますが、充電が出来ている状態でもひたすら繋ぎ続けていると、たまにコントローラーがおかしくなることがありました。

具体的な症状は

『コントローラー認識がいきなり消える』

『押していないボタンが勝手に押しっぱなしになる』

『みょうなラグが発生する』などなど

どちらかといえば本体に異常が発生するというよりは先にコントローラーがおかしくなります。

厄介なことにこの症状が出た僕のプレステ4はその後、コントローラーを新品に変えても同様の症状がは発生するようになってしまったので、結果的に買い直すハメになりました。

PS4のコントローラーは充電出来ている場合はUSBケーブルも抜いていた方が良いかもしれません。

設置場所1.ホコリ詰まり

画像元:Amazon.co.jp

CUHのバージョンに関わらず、PS4の裏面と側面は熱を溜め込まないように通気口が開けられています。

PS4を置く場所はテレビ台の下が多いと思いますが、ここは意外というか、自宅の構造にもよりますが僕の場合はかなりホコリが溜まりやすい場所です。

PS4の本体はHDDを搭載しているので、ホコリによる故障は充分にありえます。

こればかりはなるべくテレビ台や設置場所周辺を清潔にして防ぐしかありません。

僕はちょっとホコリが溜まっている場合は吸引力の弱い掃除機などでホコリだけを吸うようにしています。これが正解なのか不正解なのかは分かりませんw

設置場所2.床に置く

たまに床に直置きでPS4を使っているという事を聞くことがありますが

これはかなり危険だと思われます。

海外のPS4の故障原因の1つに『内部にゴキちゃんが大量にいた』という報告もあるくらいです。

日本に住んでいる限りは北海道でもない限りゴキブリは自生してますし、蚊なども含めると小さな虫さんたちは沢山います。

そんな虫種族にとってはPS4の中は快適な空間なのかもしれません。

虫さんが明かりに集まる光景は夏によく見かけると思いますが、PS4の中はBDを読み込むための光学ドライブが入っているので、ある意味明るいです。

しかし、そこに虫さん達の引っ越しを許すと僕達には暗い未来しか待っていません。

かといって通気性を無くせば熱故障の原因になるので、出来れば床から少しでも高い位置に置くほうが良いと思います。

PS4が熱くなる理由

PS4が熱を持つというのはよく聞く話で、これも明らかに故障の原因の1つだと思いますが

本体が熱くなる主な原因はやはり電源の取り方にあると思います。※経験上※

機械は適正な電力で動かさなければ故障の第一原因になります。

スマホなんかでも充電器に挿しっぱなしにして使用していると過充電でバッテリー寿命が縮んでいくように、PS4でも不足気味な電力で使用していると本体の処理が追いつかずに熱くなってしまうのではないかと考えられます。

また他の項目でも挙げたホコリ詰まりなども発熱の原因になりやすく、設置場所も狭い方が熱くなる確率が高いです。おそらく通気性が不十分である可能性が高いでしょう。

故障の原因は数々ある

ここまで大きく5つほどの原因を考えてみましたが、僕の経験上はこのどれもが本体の買い替えにまで繋がってる症状です。

書くまでもないことなので書いてませんが、電源を適切に切らなかったり、振動や衝撃を与えればPS4でなくても壊れると思います。

そこそこ値段もするゲーム機なので、大事に扱うのが一番故障を抑える有効な手段ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です