現在、LIS2、DETROIT、ダクソリマスタープレイ中です。

中古PS4選びの注意点やメリット・デメリットと即返品するべき症状とは?

こんにちは。PS4ゲームズ攻略ガイド管理人です。

新規ハードとして発売後、最近のPS4は価格の見直しが行われて税込みで30,000円ほどで購入出来るようになりましたが、それでもやはりゲーム機単体で3万円といういのは決しては安い金額ではありません。

そこで今回は中古でPS4を買おうと思っている人に向けて

中古のPS4のメリット・デメリットやすぐに返品すべき症状などについて紹介していこうと思います。

管理人の個人的な意見では中古品でも新品よりも断然お得なこともありますし、逆にデメリットな部分もあると思っているので

一概に新品が良い、中古が良いとは思いません。

なお、今回の記事では『中古PS4の購入』に焦点を置いて解説しています。

PS4中古の売却方法や注意点などは後日改めて紹介しますね。

中古のPS4はココを見極めろ

例えばですが、遊んでいたPS4がいきなり故障してしまい修理保証などが効かないとなった場合などや予算的に少しでも抑えたいと考える時には中古での購入を検討することもあると思います。

ですが、中古のPS4というのは以前の持ち主が分からないといった性質上

どのような扱い方をされてきたのかが買い手には伝わりません。

またいわゆるゲオやブックオフといった中古本体の取扱をしているところでのチェックはマニュアル化されたものなので、中古品の状態を保証しているものではありません。

その証拠に保証がほとんど付かないというのが事実です。

では、中古でPS4を購入する場合、

どういったポイントを見て購入すればいいのか?

について紹介します。

ポイント① 付属品の有無

中古のPS4の中には

『ヘッドセット不足』『HDMIが正規品ではない』『コントローラーが別のもの』その他etc…

中古PS4と一口に言っても状態が様々です。

付属品の不足によって価格を安く販売している店舗も多いですが

安いからという理由で買うのはちょっと待って下さい。

付属品が足りないという事は以前の所有者がPS4をどのように扱っていたのか?

を見極めるポイントでもあります。

例えば、ヘッドセットが足りない場合は適当に放置されていたとも考えられますし、HDMIやUSBなどが正規品でない場合にはそれらケーブルの酷使、もしくはヘッドセットと同じく適当に扱われていたという可能性も否定出来ません。

特に一番避けたいのはコントローラーが別、もしくは不足している中古品です。

コントローラーを無くすという事は通常であれば”ほぼ”考えられません。

その考えられない状況になるような扱いをしていた、もしくは酷使してコントローラーが壊れたという可能性も大きいので、どちらに転んでも本体の状態も良好ではないかもしれません。

中古のPS4を選ぶ時は付属品が揃っているかをしっかりと確認しましょう

ポイント② ナイロンや包み紙、外箱の状態

次に目を向けたいのは付属品に近いですが、新品購入時に包まれている包装や本体の包み紙があるかどうか?また、外箱に痛みがないかどうかなども見ておくべきです。

外箱に痛みがある場合は、外的な衝撃を本体が受けている可能性もありますし、

包み紙や包装がない中古品はそもそも丁寧に扱われていない可能性があります。

本体以外の状態を見てどういった扱い方をされたのかを考えましょう

ポイント③ 購入日や購入店舗の記述

中古でPS4を購入した場合は実店舗では保証を受けられなくても、公式では保証を受けられることがあります。

スポンサーリンク

基本的には中古品は保証対象外となりますが、購入後1年以内に売られたものであれば保証が使えることこともあるので、最初に購入された日付などは確認するようにしましょう。

大体は店舗シールなどが張られている事が多いです。

ただし、これは実店舗でなければ確認出来ないので、ネットで購入する場合は確認出来ません。

購入日の確認は使用期間の目安にもなるので要チェックポイントです

さて、ここまで大きく分けて3つのポイントを紹介しましたが、次は中古を購入するメリットやデメリットについて見ていきましょう。

中古PS4のメリット・デメリット

メリット

中古で購入する場合でもほぼ新品同様の状態の商品も中には存在します。

購入後、3ヶ月もしないうちに売られた本体などは特に狙い目であり、こういった商品はそもそも使用期間が短いので当たりである可能性が高いです。

ですが、あくまでも中古なので新品よりも購入金額を抑えられる事が出来ます。

デメリット

中古PS4のデメリットは一番が故障に対しての保証を受けられないことです。

そもそもPS4自体は故障率がかなり低いのでいきなり壊れたという状況にはなりにくいはずですが、

管理人は過去5台ほど買い替えているので故障0ではありませんw

店舗によっては中古でも保証付きのところもあるので、そういったショップを探してみるというのもポイントです。

ただし、実店舗のある大手の中古業者は基本的に保証は付かないので、この場合はネットを駆使する必要があります。

中古で購入後、即返品するべき症状

上記のポイントをチェックして中古の本体を購入しても大体1週間程度であれば不具合は購入店で返品を受け付けてもらえます。(いわゆる初期不良)

中古を扱っている業者の中には

売り物として販売するPS4で買い取りゲームのテストをしているところもあります

これは声を大にして言いたいです(怒

以前、某大手のチェーン店で中古品を購入した時に初期化済というチェックがあったにも関わらず中には謎のゲームデータと謎アカウントがあったという状態がありました。

これは店舗自体はあくどいのかもしれませんが、即刻返品です。

それとこの画面▼

中古の買い取りチェックが終わって適当に扱っている店で買うとこういった画面がいきなり出ることがあります。

【PS4の電源が適切に切られませんでした】

このメッセージはコントローラーで電源を切らずにいきなりケーブルを抜いた直後にしか通常は出ません。

この表示もに書かれているように最悪の場合、PS4のデータ領域であるHDDが破損する可能性もあるので、すぐに返品するのが無難です。

最初は問題なく見えても、いきなり故障する可能性が多いにあります。

これは以前の所有者がどうという問題ではなく、中古業者の管理怠慢なのでしっかりとクレームをしていいレベルです。

中古PS4購入のポイントまとめ

長くなりましたが、今までの経験から中古PS4購入にあたって注意しておくべきポイントについて紹介してみました。

状態によっては新品の購入よりもメリットがあることもありますが、こうやって並べてみるとやはりデメリットの方が大きいと言わざるを得ませんね。。

しかし、近隣に店舗があるのであれば、一通りチェックしてみるというのも1つのポイントです。

ただし、モノラルヘッドセットは単品販売はされていないので中古で購入する場合は最低限付属品が欠品していないものを選ぶ方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です