【PS4版】FF9 クジャ~ラスボス完全攻略と終盤のレベル上げ場所

さて、PS4版FF9のシナリオ攻略記事も第11弾になりました。

前回の飛空艇入手後~パンデモニウムまでの間でも可能ですが、パンデモニウムに入るとクジャとの1戦目をクリアして、ラストダンジョンである記憶の場所の最深部でトランスしたクジャのとラスボス【永遠の闇】を倒せばメインのシナリオは全てクリアとなります。

特に道順などでは難しいポイントはないので、その部分は簡潔にしますが

最初のクジャとの戦闘で苦戦する場合はレベル上げ場所を活用して少しパーティーを鍛えておくほうが良いです。

【PS4版】FF9 攻略チャート11

クジャ1戦目まで

パンデモニウムに向かうと最深部でクジャ1戦目になります。

この1戦目のクジャに関しては固定ダメージでHPを削られる『フレアスター』という技だけが要注意ポイントです。

直前にも複数のボス戦があるのでパーティーの状態はきっちり回復した上で戦うことをおすすめします(正攻法の場合)

フレアスターはレベル×40の固定ダメージになるので、仮にレベルが60であれば2400ダメージを一気に受けることになります。

リフレクなどは効かない特殊攻撃なので、対策はHPの維持しかありません。

ただ、1戦目のクジャのHPは40000程度なので、火力重視で一気に押し切れば普通に倒せます。

FF7のセフィロスなどは数十万HPという設定でしたが、FF9のボスは基本的にオズマ以外は全員10万以下です。

この段階でも用意出来て、なおかつ最強の威力を与えられるのはクイナのカエル落としですかね。

もしくはジタンの『盗賊のあかし』です。

ここで勝てないようであれば、一度レベル上げをするほうが良いですね。

クジャを倒したらパンデモニウムから脱出して飛空艇に戻り、残るのはラストダンジョンとなる記憶の場所だけです(隠しボス除く)

後半のレベル上げポイント

FF9のシナリオ後半では『ヤーン』というモンスターを倒すのが、最も効率的な経験値稼ぎの方法になります。

しかし、クジャ1戦目で苦戦するレベルであれば先にグランドドラゴン狩りをするほうが回転率が良いです。

グランドドラゴンはクイナを利用すると一瞬で倒せるので、クイナの個別記事を参照して下さい。

クイナの覚えておきたい最強青魔法とレベル上げ方法

さて、問題はヤーンの倒し方です。

ヤーンの出現場所

ヤーンとエンカウント出来る場所は限られており、イーファの樹から西南西に向かってすぐの場所にあるバイル島にのみ出現します。

ただし、基本的にクリア後の経験値稼ぎ向きのモンスターなのでヤーン自体がそこそこ強いです。

さらに基本的に3体同時に出現するので、出来ればクジャ1戦目をこなした上で、スタイナーのエクスカリバーで覚えられる【クライムハザード】を覚えておくほうが安定します。

経験値は1体で10000以上(PT4人換算)なのでグランドドラゴンよりも圧倒的にレベル上げは早くなります。

レベル的には60くらいあればラスボス戦までは特に苦労しませんが、正攻法ので隠しボスオズマを倒す場合はレベル99が理想です。

記憶の場所~エンディング

自分なりにある満足が出来れば一度記憶の場所へ行ってシナリオを一度終わらせるのも1つの手ですね。

先にオズマを倒せるレベルにしてしまうと、はっきり言ってクジャ2戦目やラスボスは雑魚です。

記憶の場所に登場するボスと源氏シリーズ

記憶の場所はボスが数多く登場する場所なので一度に最深部まで行くには多少骨が折れるかもしれません。

またここに登場するボスからは源氏シリーズの装備が盗めます。

マリリス:HP59497

源氏の鎧が盗めるボスです。最強装備の1つなので忘れずに盗んでおきましょう。

HPを切らすと同時に『剣の雨』でラストアタックをしてくるのでHPを回復した状態でとどめを刺すこと。

ティアマット:HP59494

はないきを使ってメンバーを吹き飛ばしてきます。

レビテトを使って魔法だけで倒すとよいです。

ハーデス:HP55535

闇属性をメインに攻撃してくるので闇属性吸収装備があれば楽に戦えます。

盗むでロードオブロードやエルメスのくつを盗めるので、余裕がなくても盗んでおきたいボスです。

クラーケン:HP55536

源氏シリーズの兜が盗めます。

触手と本体が分かれていますが本体だけを狙えばOKです。雷が弱点なので魔法剣サンダガやビビのサンダガが有効。

リッチ:HP58554

源氏シリーズの小手を盗めるボスです。

レベル5デスを使用するのでパーティーに5の倍数のキャラクターを入れないようにしておきます。

ストップと毒攻撃はアビリティで対策可能です。

デスゲイズ:HP55535

開幕でメテオを使ってくる初見殺しのボスです。リッチと同じくレベル5デスも使います。

弱点属性である『冷気』を突くのが基本ですが、本体が開いている間は物理攻撃、とじている間は魔法攻撃が効きます。

メテオは1回だけではないので注意。

トランス・クジャ:HP55536

実質のラスボスとも言えるクジャのトランス状態です。

攻撃パターンは『フレア』『ホーリー』『フレアスター』のみ。

リフレクでフレアとホーリーは跳ね返せますが、全員リフレクにするとフレアスターしか使わないので連発されると普通に負けます。

対策としてはHPが低いキャラと回復キャラの2人だけはリフレク状態を保ち、他のメンバーを補助しながら戦うと楽です。

管理人は基本的にジタン、ダガー、スタイナー、クイナのメンバーで倒すことが多いです。

ダガーは回復オンリーでクイナは青魔法補助とカエル落としで攻撃、スタイナーはクライムハザード、ジタンは盗賊あかしの連発です。

戦闘で盗むさえ多く使っていればこの段階でも9999固定になる可能性は十分にあるので、ジタンは道中盗むを面倒なくらい使っておくと苦労しません。

ラスボス:永遠の闇:HP54100

個人的にPS当時でも意味不明なくらい弱かった記憶しかない謎の球体ボスですw

グランドクロスをされると状態異常が多数発生するので、アビリティがに状態異常無効化をきっちりセットして戦えば、あっという間に終わります。

ケフカと並んでFF史上もっとも攻略の簡単なラスボスです。

その分、オズマは強めに設定されてますけど。。

 

永遠の闇を撃破すれば、そのままエンディングへと移行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です