現在、LIS2、DETROIT、ダクソリマスタープレイ中です。

ロマサガ2攻略 七英雄を倒す順番とその理由について

ロマサガ2では初代ロマンシングサガと同じフリーシナリオが採用されているので、初戦のクジンシー以外は自由な順番で七英雄に挑むことが出来ます。

イベントフラグや進行度などの問題もありますが、後に回すと厄介なロックブーケであったり、第一形態の方が戦いにくいノエルであったりとそれぞれ特徴がありますね。

あくまでも参考程度ですが、ここではおすすめの七英雄攻略の順番について紹介しておきます。

おすすめの七英雄攻略の順番とは?

まず、七英雄の中でロマサガ2の攻略という側面からもっとも重要なボスですが

これは間違いなく「ロックブーケ」です。

ラスボスの七英雄本体もテンプテーションは使用してくるので

必ず先に「テンプテーション」を見切っておきたいからですね。

そして、変化前の第一形態が鬼のように強いのが「ノエル」です。

ノエルの移動湖イベントそのものは、割りと早めに始めることも出来ますが

第一形態の段階では充分な威力を持った術が持てません。

そういった意味でも第二形態で対策をしやすいノエルは後半、もしくはラスダンまで放置しても問題のない相手になります。

こうなると残りは、クジンシー第二形態、ダンターグ、スービエ、ワグナス、ボクオーンのだけに絞れます。

さらに、クジンシー第二形態は最終皇帝になってからイベントが発生するので後半で倒すのが自然な流れです。

これで残るのは

ダンターグ、スービエ、ワグナス、ボクオーン

この4名となります。

4人の強さとイベントに関する問題

まず、この4名の七英雄を実力順に並べ替えると

  1. ワグナス=スービエ(第二形態)
  2. ダンターグ(形態はあまり問わず)
  3. ボクオーン

こんな感じです。

スービエは第一形態であればHPがあまり高くないこともあって倒しやすいですが、海の主のイベントをスルーしたり、年代ジャンプが多すぎると第二形態になります。

出来れば早めに倒したい七英雄です。

しかし、ボクオーンを倒すことも意外と重要になります。

サバンナの地上戦艦イベントは帝国大学建設のイベントや軍師加入にも関わるので、最終皇帝のパーティーでコウメイなどの強力な術者が欲しい場合は大学を作って軍師を仲間にする必要があります。

そしてワグナスに関しては各地の占領が必要条件になるので、

最終皇帝の手前、もしくは最終皇帝で倒すことがほとんどになります。

そして、最後にダンターグですが、ダンターグの形態の進化は周辺のダンジョンを攻略すると止める事が可能です。

スポンサーリンク

第四形態まで育つと盾などを装備するので、やや倒しにくいですが、

ナゼールのダンジョン関連は詩人の洞窟以外の「東のダンジョン」「南のダンジョン」と共に早い段階でクリア可能です。

クリアしていればダンターグの遠征も無意味なので、最悪でも第二形態までしか進化しません。

これらを踏まえて並び替えると・・・?

おすすめの攻略順序

初期のクジンシーは無視して以下紹介。

1番:ボクオーン

ボクオーン自体が弱いこと、逆に言えば放置してもそこまで強敵にはなりませんが、ステップの解放と平定はそこそこシナリオに影響します。

楽に倒す場合は、運河要塞攻略後、早い段階でカンバーランドのイベントを終わらせておきます。

2番:ノエル(和解して平定だけ)

2番にノエルを持ってきましたが、あくまでもこれは和解が前提です。

ロックブーケを先に倒してしまうと和解ルートは消滅するので、テレルテバを解放したらノエルと会って先に和解して放置します。

3番:ロックブーケ

ボクオーンを倒して、ノエルと和解した後はロックブーケがおすすめ。

エイルネップの塔にはラッフルツリー先生の技道場もあるので、技の閃きと「テンプテーション」の見切りは必ずやっておくべきです。

4番:スービエ

第一形態で倒してしまいたい場合は、この辺りでスービエと戦っておく必要があります。

海の主イベントはこなしておけば先に南ロンギットの嵐の報告を受けてからロックブーケを倒すなりして年代ジャンプさせれば沈没船イベントで会えます。

5番:ワグナス

このあたりでワグナスへのルートも開けるので、ワグナスの第一形態を目標にして倒すと良いです。

第二形態になるとサイコバインドが非常にキツイですが、第一形態であればほぼ使用しません。

6番:ダンターグ

ナゼールのダンジョンを2つクリアしておくことが条件です。

子どもと子ムーのイベントで倒しておきます。パーティーのレベルと比較するとかなり簡単に倒せる状態になります。

最終皇帝以降

七英雄が残り2体になると強制的に最終皇帝になります。

この時点で残っているのはノエルとクジンシー第二形態です。

ここはイベントの簡単さから言っても先にクジンシーを倒しておくと良いですね。

つまりラストダンジョンに残すのがノエルの第二形態になります。

ワグナスやダンターグと戦う前に合成術などをしっかり開発しておき、ソードバリアさえあれば第二形態のノエルはそこまで脅威ではありません。

逆に、絶対に残してはいけないのはロックブーケです。

通常プレイの場合、ロックブーケを残すとほぼ確実に詰みます。

第二形態のロックブーケは「召雷」を連発する上にテンプテーションの使用頻度も少ないです。

当然、ラスボス七英雄もテンプテーションを使用するので、全員女性パーティーにしなければいけません。

最終皇帝が男だった場合はかなり苦戦します。

どうしても間違って残した場合は、ラスボス手前のロックブーケを何度も倒して最低でも皇帝にテンプテーションを見切らせる必要がありますね。

あとは女性キャラで固めれば技と術さえ完璧であればクリア不可能ではありません。

⇒ロマサガ2攻略まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です