モンハンワールド攻略 操虫棍は弱い?強い?使い方や基本的な立ち回り【MHW】

モンハンワールドの操虫棍の特徴や乗り狙いなど

基本的な立ち回りについてまとめています。

虫のエキス採取によって強化される操虫棍は過去作から比べると弱くなったとの意見も多いですが

固有技にジャンプがあることによって

武器の中では乗り狙いに適している武器になったと思います。

ここでは基本的な操作などについても紹介しています。

モンハンワールド:操虫棍の基本情報

猟虫と呼ばれる虫を飛ばし、エキスを採取することで、自分を強化したり

モンハンワールドからは新しく追加されたアクションの「ジャンプ突進斬り」や「空中回避」でトリッキーな動きが出来るようになっています。

追加アクションが増えたこともあり過去作に比べて大幅に空中での性能は上昇しています。

エキスには種類があり、それぞれの色で強化される性能が変化します。

ベータでは猟虫は1種類でしたが、製品版では様々な猟虫と組み合わせることが可能に。

結局操虫棍は強い?弱い?

管理人の個人的な意見では、操虫棍はかなり使う人を選ぶ武器だと思います。

よって、性能そのものを発揮出来ればそこそこ強い武器に分類されますが、エキス採取などが分からないままただ攻撃をしているような人であれば性能は発揮出来ないので、かなり弱い武器になってしまいます。

ただ、乗り狙いに関しては固有技の「跳躍」があるので、大型モンスター相手でも比較的乗りやすいですね。

MHW:操虫棍のエキス採取と優先度

操虫棍から虫を飛ばすエキス採取はL2+△で出し、自分に取り込むには虫寄せのL2+○を使用します。

エキス採取で狙った部位によって採取可能なエキスの色が違っており、基本的には攻撃モーションなどが強化される赤エキスを優先的に採取することが大事です。

それぞれの効果は以下の通り

赤エキス:攻撃性能強化:採取部位は主にモンスターの頭
白エキス:移動速度、跳躍力強化:採取部位は主に足や翼
橙エキス:攻撃動作中ののけぞりが無効:採取部位は主に体

また、赤、白、橙(だいだい)の3種類を集めると

  • 攻撃力アップ、防御力アップ、のけぞり軽減、耳栓

などの効果を同時に発動出来ます。

猟虫粉塵の効果

L2+R2で印弾を猟虫が攻撃した時にモンハンワールドでは猟虫粉塵という特殊な効果がモンスターに付与されます。

この粉塵をまとった場所を攻撃すると、猟虫の特性に応じた爆発攻撃が追加されます。

MHW:操虫棍の基本的な立ち回り

操虫棍を使う場合は、最初にエキス採取によって行動を強化し、それから「空中戦特化」で戦うか、サポートに回るかを選ぶと良いですね。

攻撃モーションそのものは速いので、△⇒△⇒○のコンボを基本にしつつ、猟虫粉塵を狙って攻撃するのがおすすめ。

また、Lスティック+△で出せる突きからは後方Lスティック+○で回避斬りにも派生します。

赤エキスで強化した状態では多段ヒットになるので、DPSも大幅にアップします。

マルチで他のプレイヤーが乗りにくい武器を持っていれば率先して乗り狙いをするほうがサポート役としては重宝されそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です