モンハンワールド スラアクの属性解放フィニッシュのやり方と基本コンボや操作

モンハンワールドのスラアク属性解放フィニッシュや基本的なコンボと操作についてまとめています。

モンハンワールド:スラアクの追加要素

・新規アクション「斬り下がり」

「飛天連撃(剣)」「変形斬り下がり(剣)」が追加されている

・剣モード時に覚醒状態という新しい要素が追加されている

・覚醒状態で属性解放突きをするとモンスターに張り付いて攻撃が出来る

・斧モードでその場で振り回しが可能になった

MHW:新要素「高出力状態」(覚醒)について

モンハンワールドから新たに追加された剣モードの強化状態。

斧モードでスラッシュゲージを溜め、剣モードへ移行し剣モードで攻撃を当て続けると

スラッシュゲージ周囲が光り、武器も燃えたようなエフェクトが発生する。

この状態が覚醒状態であり、覚醒状態での剣モードの攻撃は通常のダメージに加えて追加ダメージが発生するようになった。

覚醒状態で属性解放突きをモンスターに当てると、ヒットした場所に張り付いて攻撃が出来る。

最後に属性解放フィニッシュを決めれば大ダメージを与えることが可能。

MHW:属性解放フィニッシュのやり方

剣モードの覚醒状態が前提です。

・属性解放突き【△+○】

・・属性解放解放突き(張り付き)【△を連打】

・・・属性解放突きフィニッシュ【属性解放突き後に△】

慣れるまでフィニッシュを上手く出すのはちょっと難しい印象です。

張り付き中は△の連打が必要になり、最後にタイミングよく△を押さないと属性解放フィニッシュのダメージが入りません。

属性解放突きはフィニッシュを入れないと火力がかなり低いので、剣モードで斬り攻撃をしている方がダメージが上がります。

下位モンスターやソロ、トレーニングなどで練習した方が良いです。

覚醒状態を把握するのも最初は分かりにくいので、スラッシュゲージの周囲と剣モードのダメージをしっかり確認するのがポイントです。

MHW:スラアク【斧モード】

・横斬り【△】

・突進斬り【Lスティック+○か△】

・斬り上げ【△+○】

・・縦斬り【斬り上げ後に△】【振り回し後に△】

・振り回し【○】

その場に留まって攻撃出来るがスタミナを消費する

・・なぎ払い変形斬り【振り回し中にR2】

なぎ払い変形斬り自体の基礎威力が高いので、剣モード移行時は出来るだけ当てたい。

・斬り下がり【攻撃中にLスティック後方+○】

・リロード【スラッシュゲージが1/3以下の時にR2】

スラッシュゲージに白い線があり、それ以下の時に発動出来る。

MHW:スラアク【剣モード】

・縦斬り【△】【納刀モーション中にR2】

・・右斬り上げ【縦斬り後に△】【飛天連撃後に△】

・・・左斬り上げ【右斬り上げ後に△】

剣モードの△コンボはスピードの速い攻撃3コンボになる。

左斬り上げからは変形、○コンボ、属性解放突きなどへ派生可能なので、覚醒状態を早めに目指す場合は有効な攻撃。

・二連斬り【○】

・・飛天連撃【○】

剣モード○コンボは2回だけの割にダメージが大きい(飛天連撃が強い)

ただし、二連斬りからは属性解放突き可能だが、飛天連撃からは右斬り上げや変形にしか繋がらない。

連続したコンボで属性解放攻撃まで出す場合は、

・二連斬り○⇒飛天連撃○⇒右斬り上げ△⇒属性解放突き△+○がおすすめです。

また、斧モード、剣モード共にジャンプ斬りなども可能。

斜面滑り中に納刀したまま【R2】でジャンプ斬り上げが出来る。

ジャンプ斬り上げからは【△+○】で空中でも属性解放突きが可能。

覚醒状態であれば張り付けるので、狙う価値はあるが、操作難易度は高めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です